HOME > 詳細 > はじめて学ぶ国際経済
はじめて学ぶ国際経済

はじめて学ぶ国際経済

実態と理論の乖離を埋める

浦田 秀次郎 (早稲田大学教授),小川 英治 (一橋大学教授),澤田 康幸 (東京大学准教授)/著


2010年12月発売
四六判並製カバー付 , 288ページ
定価 2,052円(本体 1,900円)
ISBN 978-4-641-12421-9
Introduction to International Economics

国際経済・世界経済・貿易 > 国際経済学
国際金融 > 国際金融論
国際経済・世界経済・貿易 > 開発経済学
入門書・概説書

○在庫あり

グローバル化した国際経済活動を国際貿易・投資,国際金融,開発経済の3部に分けて学習する入門テキスト。各章ともその実態や問題の把握から説き起こし,次に実態を理解するための理論的説明を行い,最後に問題解決のための政策を検討するという流れに沿って叙述。
目次
第1部 国際貿易・投資
 第1章 なぜ貿易が行われるのか──貿易パターンの決定・貿易の利益
 第2章 なぜ政府は貿易に介入するのか──貿易政策
 第3章 なぜ地域統合が行われるのか──地域経済統合
 第4章 なぜ海外投資が行われるのか──直接投資
第2部 国際金融
 第5章 どのように国際的に資金が流れるのか──国際金融取引の流れ・資金の流れ
 第6章 為替レートはどのように決まるのか──為替レートの決定
 第7章 どのように為替レートを安定化させるのか──為替介入とマクロ経済政策
 第8章 どのようにして安定した国際通貨制度を構築するのか──国際通貨制度・通貨統合
第3部 開発経済
 第9章 なぜ豊かな国と貧しい国が存在するのか──経済発展
 第10章 どのようにして貧困を削減すればよいのか──世界の貧困問題
 第11章 どのようにして開発援助を行えばよいのか──政府開発援助(ODA)
 第12章 どのようにして環境と開発の共存を達成するのか──持続可能な開発
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016