HOME > 詳細 > 地方政府の民主主義 -- 財政資源の制約と地方政府の政策選択
地方政府の民主主義

地方政府の民主主義 -- 財政資源の制約と地方政府の政策選択

首長と地方議会の協調と対立

砂原 庸介 (大阪市立大学准教授)/著


2011年04月発売
A5判上製カバー付 , 234ページ
定価 4,104円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-04990-1
Democracy in Japanese Local Government

政治 > 行政学・地方自治
政治 > 政治過程論・日本政治
財政・公共経済学 > 地方財政

○在庫あり

1990年代以降の財政危機の時代に,日本の地方政治の政策選択がどのような特色をもち,どのように変化してきたのか。主に首長と地方議会からなる二元代表制に注目し,地方自治の制度的制約が,地方政府の政策選択にどのように働くのかを明らかにする。
目次
序 章 本書の目的と課題
第1章 1990年代以降の地方政治
第2章 本書の理論的枠組み
第3章 財政データによる政策選択の検証
    ──「党派性モデル」から「相互作用モデル」へ
第4章 事業廃止の政策選択
    ──ダム事業廃止の分析
第5章 巨大事業の継続と見直しに見る政策選択
    ──臨海副都心開発の事例分析
第6章 新税導入の政策選択
    ──産業廃棄物税と森林税の分析
終 章 結論と含意
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016