HOME > 詳細 > ソーシャル・キャピタルと活動する市民 -- 新時代日本の市民政治
同一ジャンルへ: 政治
ソーシャル・キャピタルと活動する市民

ソーシャル・キャピタルと活動する市民 -- 新時代日本の市民政治

民主主義を支える社会的条件とは

坂本 治也 (関西大学准教授)/著


2010年11月発売
A5判上製カバー付 , 264ページ
定価 5,076円(本体 4,700円)
ISBN 978-4-641-04987-1
Making Local Government Work

政治 > 政治過程論・日本政治
政治 > 行政学・地方自治

在庫なし
受賞

ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)は,日本においても統治パフォーマンスを高めうるか。より良き統治を実現する上で,政治エリートに対し適切な支持,批判,要求,監視を行う力(シビック・パワー)を有する「活動する市民」が不可欠であることを説く。
目次
   はじめに
第1章 ソーシャル・キャピタル論の展開とその背景
第2章 ソーシャル・キャピタルをめぐる実証分析の課題
第3章 日本の地方政府の統治パフォーマンスとソーシャル・キャピタル
第4章 ソーシャル・キャピタルからシビック・パワーへ
第5章 シビック・パワーとしての市民オンブズマン
終 章 結論と今後の課題
   参考文献
   あとがき

受賞

第9回(2011)日本NPO学会 林雄二郎賞
2011年度日本公共政策学会賞 奨励賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016