HOME > 詳細 > ドイツ法入門 改訂第9版
同一ジャンルへ: 外国法
ドイツ法入門

ドイツ法入門 改訂第9版

法を通してドイツを観る

村上 淳一 (元東京大学教授),守矢 健一 (大阪市立大学教授),ハンス・ペーター・マルチュケ (同志社大学教授)/著


2018年05月発売
四六判上製カバー付 , 374ページ
定価 2,916円(本体 2,700円)
ISBN 978-4-641-04822-5
Einfuhrung in das Recht der Bundesrepublik Deutschland

外国法 > ドイツ法

○在庫あり

日独の研究者が協力して創りあげた,入門書の決定版。前身の『西ドイツ法入門』から30年,ドイツ法の歩みとともに,本書も版を重ねてきた。制度のもつ歴史的な背景を踏まえ,理論的な叙述も織り交ぜながら概観する,ドイツ法の現在。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
1 ドイツとドイツ人
2 ドイツ法の歴史
 中世/近世/近代
3 第二次大戦後のドイツ
 ドイツ連邦共和国の成立/ベルリーンの地位/いわゆる「ドイツ内関係」/ドイツ統一/現 在
4 憲法(基本法)
 基本法の構造/国家構造の基本原理/国家機関/基本権/立法手続/基本法の改正
5 行政法
 行政法小史/連邦と州の行政分担/行政の法的規制/行政法の諸分野
6 民 法
 ドイツ民法の体系的特徴/総 則/債権法/物権法/家族法/相続法/国際私法
7 商 法
 商人/人的会社と資本会社/株式会社/有限会社/協同組合/コンツェルン企業/ヨーロッパ法と商法・会社法・資本市場法
8 経済法
 競争制限禁止法/不正競争防止法/知的財産権法/経済団体/ヨーロッパ法
9 労働法
 労働法小史/労働法の法源と対象/労働関係/労働組合の活動/共同決定/ヨーロッパ法と労働法
10 刑 法
 応報主義の緩和/刑法の基本原則と正義の貫徹との緊張関係/現代社会における正義/保安処分と秩序罰/刑法におけるヨーロッパ法の影響
11 司法制度
 裁判官・弁護士・検事/裁判権の系列/通常裁判所の組織と手続
12 学生生活と法曹養成
 大学への進学/法曹養成のしくみ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016