HOME > 詳細 > 東京湾の環境問題史
同一ジャンルへ: 環境,社会学
東京湾の環境問題史

【オンデマンド】 東京湾の環境問題史

入浜権思想からの展開

若林 敬子 (東京農工大学教授)/著


2000年09月発売
A5判上製カバー付 , 416ページ
オンデマンド定価 9,936円(本体 9,200円)
オンデマンドISBN 4-641-90540-1
(原本ISBN 4-641-07632-4)



環境 > 環境問題
環境 > 環境社会学
社会学 > 環境社会学

オンデマンドで対応
> オンデマンドとは
買い物カゴに入れる

*2006年5月オンデマンド対応。
東京湾の埋立開発と漁民、住民の環境保護運動の攻防を、現地調査や豊富な資料をもとに社会学的な視点から分析する迫力ある力作。
目次
《主な目次》
第1章 海岸線の変貌と埋立て地の造成
第2章 入浜権運動からナショナル・トラストへ
第3章 干潟をめぐる開発と保全の攻防
第4章 東京湾埋立て開発構想をめぐる攻めと守り
第5章 東京都内湾における埋立てと漁業興亡史――東京港の歩み
第6章 東京湾をめぐる埋立て開発史と京浜工業地帯――神奈川県川崎・横浜市
第7章 東京湾をめぐる埋立て開発史と京葉工業地帯――千葉県内湾
第8章 浦安漁民闘争史
結 び
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016