HOME > 詳細 > ケアの社会倫理学 -- 医療・看護・介護・教育をつなぐ
ケアの社会倫理学

ケアの社会倫理学 -- 医療・看護・介護・教育をつなぐ

川本 隆史 (東京大学教授)/編


2005年08月発売
四六判並製カバー付 , 382ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN 4-641-28097-5


哲学・思想
社会福祉
入門書・概説書

在庫なし

医療・看護・介護の営みを《ケア》という視角から批判的かつ統一的に把握し,新しい論点を提示する待望の書。さらに従来の「生命倫理」の教育を反省するパートを設け,従来の生命倫理学の枠組みを超える,「ケアの社会倫理学」を提起する。
目次
1 医療とケア
 第1章 子ども・医療・ケア
 第2章 高齢者医療とケア
 第3章 ケアとしての医療とその倫理
2 看護とケア
 第4章 実践知としてのケアの倫理
 第5章 感情労働としてのケア
 第6章 臨床哲学とケア
3 介護とケア
 第7章 介護の町内化とエロス化を
 第8章 ケアの淵源
 第9章 介護とジェンダー――家族介護を中心として
4 生命倫理教育の反省
 第10章 生命倫理教育の反省――大学
 第11章 学校で話したこと――1995~2002
 第12章 生と死の語り方――「生と死の教育」を組み替えるために
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016