HOME > 詳細 > ジェンダーと社会理論
同一ジャンルへ: 社会学
ジェンダーと社会理論

ジェンダーと社会理論

これからのジェンダー研究へ向けて

江原 由美子 (東京都立大学教授),山崎 敬一 (埼玉大学教授)/編


2006年12月発売
A5判並製カバー付 , 318ページ
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 4-641-17326-5


社会学 > 女性学・男性学・ジェンダー
基本書・体系書

在庫なし

ジェンダーと社会理論をつなぐ研究へのガイドブック。卒業論文やレポート,ゼミで,ジェンダーをテーマに取り上げる学生は多い。オリジナリティのあるジェンダー分析を展開するために有効な社会理論やテーマを,研究の最前線を担う執筆陣が解説するはじめての試み。
目次
第1部 ジェンダーから見た社会理論
 1章 進化生物学=加藤秀一
 2章 構築主義=北田暁大
 3章 合理的選択=数土直紀
 4章 アイデンティティ=坂本佳鶴恵
 5章 エスノメソドロジー=山崎敬一
 6章 構造化論=江原由美子
 7章 ルーマン・システム理論=吉澤夏子
 8章 現代の精神分析=樫村愛子
 9章 ジェンダー研究と文化人類学=山本真鳥
第2部 ジェンダーから見た現代社会
 10章 セクシュアリティと身体性
  (1)身体性とフェミニズム=高橋さきの
  (2)セクシュアリティのジェンダー化=石田仁
 11章 文化と日常性
  (1)表象とジェンダー=菅靖子・山崎晶子
  (2)会話における性別カテゴリーの使用=山崎晶子・山崎敬一・鶴田幸恵
 12章 ケア・労働・家族
  (1)ケアとジェンダー=立岩真也
  (2)労働とジェンダー=三橋弘次
 13章 ナショナリズムとグローバリゼーション
  (1)ジェンダーと世界システム・従属理論=古田睦美
  (2)ナショナリズムとジェンダー=上野千鶴子
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016