HOME > 詳細 > 金融システム論
同一ジャンルへ: 金融
金融システム論

金融システム論

岡村 秀夫 (関西学院大学助教授),田中 敦 (関西学院大学教授),野間 敏克 (同志社大学教授),藤原 賢哉 (神戸大学教授)/著


2005年09月発売
四六判並製カバー付 , 278ページ
定価 1,944円(本体 1,800円)
ISBN 4-641-16245-X


金融 > 金融論
入門書・概説書

○在庫あり

相次ぐ銀行の合併,公的金融の改革,市場型間接金融の発達など激しく変化する現代の金融システムを,日本経済の「資金の流れ」に着目して明快に解説する。最新の金融取引の丁寧な説明に加え,巻末には用語解説を掲載し,学習からビジネスまで「使える」一冊。
目次
第1章 金融システムと資金チャネル
第2章 間接金融:金融機関による資金仲介チャネル
第3章 金融市場:マーケットを介した資金チャネル
第4章 市場型間接金融:新しい資金仲介チャネル
第5章 公的金融:政府が関与する資金チャネル
第6章 金融システムと実物経済
第7章 戦後日本の資金チャネル
 用語解説
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016