HOME > 詳細 > 途上国ニッポンの歩み -- 江戸から平成までの経済発展
途上国ニッポンの歩み

途上国ニッポンの歩み -- 江戸から平成までの経済発展

「豊かさ」を求める人びとの足跡を辿る

大野 健一 (政策研究大学院大学教授)/著


2005年02月発売
A5判並製カバー付 , 266ページ
定価 2,916円(本体 2,700円)
ISBN 4-641-16231-X


国際経済・世界経済・貿易
入門書・概説書

○在庫あり

日本はなぜどのようにして短期間で近代化に成功したのか。19世紀,江戸期に育んだ条件を基礎に明治の経済社会変革と工業化を遂げ,20世紀に経済大国となり,そしてそれ故にさまざまな問題を抱えつつ21世紀を迎えるまでを,開発途上諸国の視点から捉えやさしく説明する。
目次
第1章 後発国の近代化とは
第2章 江戸時代――工業化条件の準備
第3章 明治(1)――新政府の政策目標
第4章 明治(2)――輸入技術の内部化
第5章 明治(3)――主要産業の歩み
第6章 明治(4)――財政・金融
第7章 第一次大戦と1920年代――輸出ブームと不況
第8章 1927年の銀行危機
第9章 1930年代と戦争経済
第10章 戦後復興
第11章 高度成長期
第12章 経済の成熟と成長鈍化
第13章 バブル崩壊と長期不況
 参考文献/問題集/学生問答集

書評等

※『週刊東洋経済』(2019年4月27日・5月4日合併号)の「Books & Trends 特別編 GW10連休は分厚い本を読もう」で紹介されました。紹介者は,中沢孝夫・福井県立大学名誉教授。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016