HOME > 詳細 > 需要,供給,市場 ミクロ経済学入門
同一ジャンルへ: 経済理論
需要,供給,市場 ミクロ経済学入門

需要,供給,市場 ミクロ経済学入門

成生 達彦 (京都大学教授)/著


2004年12月発売
四六判並製カバー付 , 280ページ
定価 2,376円(本体 2,200円)
ISBN 4-641-12235-0


経済理論 > ミクロ経済学
入門書・概説書

○在庫あり

代替的な用途を持つ稀少な資源をさまざまな用途の間にどのように配分するかという経済学の課題に答える1年生用半期2単位のミクロ経済学入門書。これらの問題は,数学的には制約条件付き最大化問題として定式化され,ラグランジェの未定乗数法を用いて解法を説明する。
目次
第1章 課題と作法
 経済学の課題
 経済学の作法
 1変数関数の最大化
 所得─余暇選択:暇があるときゃ金がない
 数学補論A
第2章 需給と市場
 消費と余暇の選択
 生産と供給
 市場均衡
 数学補論B
第3章 生産と供給
 企業と生産
 多変数関数の最大化
 生産関数アプローチ
 費用最小化と費用関数
 数学補論C
第4章 消費と需要
 消費者の意思決定
 2期間にわたる消費計画
 制約条件付き最大化
 比較静学分析
 数学補論D
第5章 市場の役割
 市場の機能と問題点
 情報の非対称性にまつわる諸問題
 効率的資源配分
 市場の役割
 数学補論E
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016