HOME > 詳細 > 政治過程論
同一ジャンルへ: 政治
政治過程論

政治過程論

新しい時代の大学テキスト・シリーズ

有斐閣アルマ > Specialized

伊藤 光利 (神戸大学教授),田中 愛治 (早稲田大学教授),真渕 勝 (京都大学教授)/著


2000年04月発売
四六判並製カバー付 , 392ページ
定価 2,700円(本体 2,500円)
ISBN 4-641-12093-5


政治
基本書・体系書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


さまざまな政治的現実をダイナミックにかつ実証的に分析することを課題とする〈政治過程論〉は政治学の要となる魅力的な分野である。本書は方法論的な革新を踏まえた新しい世紀に向けての待望のスタンダード・テキスト。気鋭の第一線研究者3人が討論を重ねた意欲作。
目次
《主な目次》
第I部 政治過程の理論・方法・概念
 第1章 政治過程の理論と方法
 第2章 政策決定過程
 第3章 課題設定・政策実施・政策評価
第II部 政治過程における個人
 第4章 政治システムと個人
 第5章 世論と投票行動
 第6章 選挙制度と政治参加
第III部 政治過程における組織化
 第7章 利益団体
 第8章 政党
第IV部 政治過程における制度
 第9章 議会と立法過程
 第10章 官僚制と政策過程
第V部 政治過程における統合
 第11章 政策ネットワーク
 第12章 執政集団とリーダーシップ
 第13章 国際化における政治過程
 終章 政治過程論の発展と課題
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016