HOME > 詳細 > 日本史のエッセンス
同一ジャンルへ: 歴史学
日本史のエッセンス

日本史のエッセンス

有斐閣アルマ > Interest

荒木 敏夫保坂 智加藤 哲郎/執筆代表


1997年11月発売
四六判 , 416ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 4-641-12035-8


歴史学 > 日本史
やさしい入門書

○在庫あり

あなたは外国人に,日本の歴史について話すことができますか。「暗記物」のイメージを超えて,自分の生まれた国の歴史は何を語りかけているのか,興味深いテーマ設定から歴史の見方を考えていく。国際化時代の日本人の「新しい常識」を養う,おもしろい日本史入門。
目次
《主な目次》
原始・古代 =十菱駿武・荒木敏夫
 見直される私たちの祖先―原始時代の生活と文化
 「中心」の変貌―大王から天皇へ
 ヒメミコからイエトジまで/ほか
中 世 =池 享・木村茂光
 武門の誉れは天皇をこえたか―中世の王権
 寺院は中世のユニバーシティ
 ボーダーレス集団の活躍/ほか
近 世 =紙屋敦之・保坂 智
 鉢植えの大名たち―将軍と大名
 日本列島の景観が変わった―巨大開発と巨大都市
 文字を読む民衆/ほか
近 代 =大門正克・小松 裕
 国のお客さんではいけません―「国民」という意識の成立
 自分が自分であること―民衆の自己発見と大衆文化の時代
 一人残らず戦争に駆り出された/ほか
現 代 =加藤哲郎
 偏差値を知らない子どもたち
 パスポートなしで渡れる沖縄
 減量経営,過労死,豊かさの行方/ほか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016