HOME > 詳細 > 平成17年度重要判例解説
平成17年度重要判例解説

平成17年度重要判例解説

各年度の重要判例を精選し解説・総覧

ジュリスト臨時増刊 > ジュリスト臨時増刊 2006年6月10日号(1313号)



2006年06月発売
B5判並製 , 320ページ
定価 3,024円(本体 2,800円)
ISBN 4-641-11580-X


法学・法律問題一般

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

各法分野ごとの判例百選を補完するものとして毎年度の重要判例を総覧・解説する。研究者,実務家に最新の判例情報を提供するとともに,司法試験受験者の必携の書として好評を博している。平成17年度は93件の重要判例を収録して一層充実した。
目次
〔憲 法〕
 判例の動き=常本照樹
 在外選挙権最高裁大法廷判決ほか8件
〔行政法〕
 判例の動き=稲葉 馨
 小田急訴訟最高裁大法廷判決ほか9件
〔民 法〕
 判例の動き=中田裕康
 抵当権に基づく妨害排除請求ほか10件
〔商 法〕
 判例の動き=宮島 司
 証券会社の適合性原則違反と不法行為ほか7件
〔民事訴訟法〕
 判例の動き=長谷部由起子
 第三者異議の訴えの原告についての法人格否認の法理の適用ほか7件
〔刑 法〕
 判例の動き=佐伯仁志
 特別背任罪の共同正犯が認められた事例(イトマン絵画取引事件)ほか9件
〔刑事訴訟法〕
 判例の動き=長沼範良
 救急患者から医師が採取した尿の押収ほか9件
〔労働法〕
 判例の動き=和田 肇
 大学病院の研修医の労働者性ほか7件
〔経済法〕
 判例の動き=金井貴嗣
 課徴金算定の基礎となる「売上額」ほか5件
〔知的財産法〕
 判例の動き=相澤英孝
 特許権に専用実施権を設定した場合の当該特許権に基づく差止請求権行使の可否ほか3件
〔国際法〕
 判例の動き=岩沢雄司
 社会権規約平等条項の国内適用可能性ほか4件
〔国際私法〕
 判例の動き=神前 禎
 複数国にわたる不正競争行為の準拠法ほか3件
 計93件
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016