HOME > 詳細 > メディア判例百選 〔No.179〕
同一ジャンルへ: 憲法
メディア判例百選

メディア判例百選 〔No.179〕

学習・実務に欠かせない判例百選シリーズ

別冊ジュリスト判例百選 > 別冊ジュリスト判例百選 179

堀部 政男 (中央大学教授),長谷部 恭男 (東京大学教授)/編


2005年12月発売
B5判並製 , 252ページ
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 4-641-11479-X


憲法
補助教材

○在庫あり

表現の自由と名誉・プライバシー侵害の相克を考える上で判例の研究は不可欠である。ネット上の名誉毀損や“メディア犯罪”など最新の事例にも対応。旧版「マスコミ判例百選〈第2版〉」から名称変更。学生・マスコミ関係者・プロバイダー事業者・弁護士・研究者ら必携。
目次
1 取材・報道の自由
 レペタ訴訟,博多駅事件,京都市記者クラブ訴訟など
2 情報の公開
 大阪府知事交際費訴訟など
3 名誉毀損
 夕刊和歌山時事,ロス疑惑訴訟夕刊フジ事件,「脱ゴーマニズム宣言」事件など
4 プライバシー
 早稲田大学江沢民講演会名簿提出事件,堺通り魔殺人事件訴訟など
5 肖像・氏名・パブリシティ
 和歌山カレー毒物混入事件など
6 性表現
 「蜜室」事件など
7 広 告
 投資ジャーナルグループ事件など
8 救済手段
 「石に泳ぐ魚」事件,週刊文春事件,幸福の科学事件など
9 新聞・出版
 中央公論社事件など
10 放 送
 テレビ朝日ダイオキシン訴訟,ニッポン放送対ライブドアなど
11 通 信
 新電電5社対総務省,迷惑メールの大量送信など
12 インターネット
 2ちゃんねる(動物病院)事件,Winny事件など
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016