HOME > 詳細 > 憲法判例百選 I 第4版〔No.154〕
同一ジャンルへ: 憲法
憲法判例百選 I

憲法判例百選 I 第4版〔No.154〕

学習・実務に欠かせない判例百選シリーズ

別冊ジュリスト判例百選 > 別冊ジュリスト判例百選 154

芦部 信喜 (元東京大学名誉教授),高橋 和之 (東京大学教授),長谷部 恭男 (東京大学教授)/編


2000年09月発売
B5判並製 , 244ページ
定価 2,160円(本体 2,000円)
ISBN 4-641-11454-4


憲法
補助教材

この書籍には最新版があります。

最新版ページ

在庫なし

憲法判例の総合的な研究は,憲法規範の意味内容を明らかにし,新しい理論や解釈原理をも発見させる。本書は〈基本的人権〉のうち,「総論」,「法の下の平等」,「精神的自由」,「経済的自由」をめぐる最重要判例を精選し,的確な解説を付した憲法判例解説の最新決定版。
目次
《主な目次》
第I巻〔基本的人権〕
 I総論
 外国人の政治活動の自由/指紋押捺制度の合憲性/私的団体における女性差別/公務員の政治的行為と刑罰/被拘禁者の喫煙の禁止/幸福追求権/自己決定権と信仰による輸血拒否/基地の騒音公害と人格権など29件
 II法の下の平等
 嫡出性の有無による法定相続分差別/女性の再婚禁止期間の合理性/所得税の不平等など8件
 III精神的自由
 良心の自由と謝罪広告の強制/宗教法人の解散命令と信教の自由/玉串料としての公金支出と政教分離の原則/わいせつの概念/立看板と表現の自由/電話の傍受と通信の秘密/名誉毀損と事前差止め/傍聴人のメモ制限と情報収集の自由/情報公開と知る権利/公安条例と集団示威運動/教科書検定など58件
 IV経済的自由
 薬局開設の距離制限/共有林の分割制限と財産権の保障/地価高騰と財産権/事後法による財産権の内容変更の合憲性/在外財産に対する請求権の放棄と国の補償義務など19件
 計114件
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016