HOME > 詳細 > ストリート・コーナー・ソサエティ
同一ジャンルへ: 社会学
ストリート・コーナー・ソサエティ

ストリート・コーナー・ソサエティ

著者自身による最新増補版の完訳

W・F・ ホワイト (コーネル大学名誉教授)/著
奥田 道大 (中央大学教授),有里 典三 (創価大学助教授)/訳


2000年04月発売
A5判並製カバー付 , 410ページ
定価 4,400円(本体 4,000円)
ISBN 4-641-07625-1


社会学 > 都市社会学
社会学 > コミュニケーション論
社会学 > 社会学研究法
個別テーマの解説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


著者の手により1993年に出された,増補改訂第4版の完訳。「参与観察」「人間関係論」「都市社会学」の古典として揺るぎない評価を得ている「本編」はもとより,アペンディクスも調査者と調査対象者の関係性について考えさせ,大いなる示唆に富む。社会学徒の必読文献。
目次
《主な目次》
 序 論 コーナーヴィルとその住民
第1部 小物たち:街かどのコーナー・ボーイズとカレッジ・ボーイズ
 第1章 ドックとその子分たち
 第2章 チックとイタリア・コミュニティ・クラブ
 第3章 社会構造と社会移動
第2部 大物たち:ヤクザの顔役たちと政治家たち
 第4章 ヤクザの活動の社会構造
 第5章 コーナーヴィルS&Aクラブにおけるヤクザの顔役
 第6章 政治と社会構造
第3部 むすび
 アペンディクス
 A 『ストリート・コーナー・ソサエティ』のその後の展開過程/B ホワイトが一匹の負け犬に与えた衝撃力/C 参考文献一覧
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016