HOME > 詳細 > 中小企業論
同一ジャンルへ: 中小企業
中小企業論

中小企業論

清成 忠男田中 利見港 徹雄/著


1996年06月発売
A5判 , 286ページ
定価 3,024円(本体 2,800円)
ISBN 4-641-06775-9


中小企業
入門書・概説書

○在庫あり

大企業に支配され非効率で停滞して不安定という中小企業の固定的イメージから研究を解き放ち,市場経済を支える最も活力ある経済主体として産業組織・経営戦略・産業政策等の角度から理論と実証の基礎を提示する。
目次
《主な目次》
第1章 中小企業学習の枠組み
 1 中小企業とは何か
 2 市場経済と中小企業
 3 産業構造の変化と中小企業
 4 中小企業の地位と役割
第2章 大企業と中小企業
 1 生産の分業と統合
 2 日本型下請生産システム
 3 日本型生産システムの経済成果
 4 中小企業の従属と自立
第3章 環境変化と中小企業
 1 技術革新と中小企業
 2 情報化と中小企業
 3 流通革新と中小商業者
 4 地域経済の変化と中小企業
 5 日本経済の国際化と中小企業
第4章 中小企業の経営戦略
 1 中小企業経営の類型
 2 中小企業の戦略的経営
 3 中小企業のマーケティング戦略
 4 中小企業の研究開発戦略
 5 中小企業の人材開発戦略
 6 中小企業の財務戦略
第5章 中小企業問題と中小企業政策
 1 中小企業問題とは何か
 2 日本の中小企業問題―その1
 3 日本の中小企業問題―その2
 4 日本における中小企業政策の展開
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016