HOME > 詳細 > 日本型市場システムの解明 -- 日本経済の新しい見方
日本型市場システムの解明

日本型市場システムの解明 -- 日本経済の新しい見方

小泉 進本間 正明/編


1993年04月発売
A5判 , 268ページ
定価 3,080円(本体 2,800円)
ISBN 4-641-06650-7


マーケティング

在庫なし

「日本型市場システム」は,成長志向,会社志向,日本的取引慣行,雇用慣行,政府主導などのユニークな特徴を持ち驚異的な成果をあげてきた。これらの日本の市場システムの注目すべき要素に焦点を当てて,その構造を明らかにし,21世紀に向って対応する課題を解明した。
目次
《主な目次》
第1部 ミクロからみた日本型市場システム
 1 企業組織――日本企業の行動にはどういう特徴があるか
 2 労働システム――日本型雇用慣行は生き残れるか
 3 金融システム――日本の銀行行動にはどういう特徴があるか
 4 企業と銀行――メインバンク制はどこへ行くか
 5 企業間関係――株式の持合いは変わるか
 6 価格決定内外格差は解消するか
第2部 マクロからみた日本型市場システム
 7 成長と循環――日本経済は経済変動を繰り返してきた
 8 家計貯蓄――日本人の貯蓄率は減り続けるだろうか
 9 設備投資――なぜ日本の設備投資率は高かったのか
 10 公共部門――財政は経済成長にどのように貢献したか
第3部 日本型市場システムにおける政府
 11 税制――直接税はどのように変えられるべきか
 12 競争政策――日本の産業組織は過当競争的か協調的か
 13 公的規制――消費者の重い負担は解消されるか
 14 所得格差税制改革は不平等の改善に有効だったか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016