HOME > 詳細検索 > 著訳編者一覧
著訳編者 最新著作
宮川 基 法学教室2015年2月号(No.413) 別冊付録【判例セレクト2014[Ⅰ]】 刑法3 包括して一罪として処罰される死体遺棄行為と死体損壊行為の後者にのみ関与した者と承継的共同正犯の成否(東京地立川支判平成26・3・20)…宮川 基……29
宮木 康博 法学教室2019年11月号(No.470)◆特集 講義・刑事訴訟法の重要判例 Ⅱ 電磁的記録媒体の差押え(最決平成10・5・1)…宮木康博……15
宮城 啓子 刑事訴訟法判例百選[第9版] 62事件 Ⅳ 公判 (2)公判準備および公判手続 即決裁判手続――最高裁判所第三小法廷平成21年7月14日判決(平成20年(あ)第1575号業務上横領被告事件)…宮城 啓子……132
宮城 宏 家族社会学入門(著)
三宅 一郎 日本政治の座標(著)
三宅 和夫 「個の理解」をめざす発達研究(著)
三宅 一夫 生命保険契約法の諸問題(著)
三宅 京子 法学教室2019年8月号(No.467)◆特集1 仕事と法学 ⅩⅠ 組織内弁護士…三宅京子……50
三宅 省三 ジュリスト1999年1月1-15日号(No.1148)〔研究会〕新民事訴訟法をめぐって〔第28回・完〕●青山 善充,伊藤 眞,竹下 守夫,福田 剛久,柳田 幸三,鈴木 正裕,三宅 省三…292
三宅 純一 金融のリストラクチャリング(編)
著訳編者 最新著作
三宅 孝之 刑事政策講義[第3版](著)
三宅 俊光 ジュリスト2018年9月号(No.1523)[HOT issue]〔No.19〕統計データの利活用に向けて――統計法改正と今後の課題●宇賀克也●三宅俊光……ⅱ
三宅 知三郎 ジュリスト2019年3月号(No.1529)[最高裁時の判例]民事 ◇原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく被爆者健康手帳交付申請及び健康管理手当認定申請の各却下処分の取消しを求める訴訟並びに同取消しに加えて被爆者健康手帳の交付の義務付けを求める訴訟につき,訴訟の係属中に申請者が死亡した場合における訴訟承継の成否――最一小判平成29・12・18●三宅知三郎……93
三宅 新 商法判例百選 33事件 建設工事共同企業体の事業上の債務と構成員についての商法511条の適用(三宅 新)……68
三宅 弘 MEMOがとれない(著)
三宅 弘人 ジュリスト1990年12月10日号(No.969)【特集】民事保全法の運用と展望 民事保全法の基本構造(研究会)●新堂 幸司,鈴木 正裕,園尾 隆司,高橋 宏志,竹下 守夫,原井 龍一郎,松浦 馨,三宅 弘人,山崎 潮…2
三宅 正男 民法判例百選Ⅱ債権[第三版] 55事件 IX 契約各論 (2) 売買 瑕疵担保責任と錯誤――大審院第二民事部大正10年12月15日判決(大正10年(オ)第584号売買代金返還請求ノ件)大審院民事判決録27輯2160頁…三宅正男……114
三宅 正雄 著作権判例百選[第二版] 37事件 I 著作物〈実用品〉 訟廷日誌――大審院昭和12年11月20日判決(昭和11年(オ)第1234号著作権侵害排除請求事件)法律新聞4204号3頁…三宅正雄……76
三宅 正樹 概説ドイツ史[新版](編)
三宅 雄彦 憲法判例百選Ⅰ[第6版] 106事件 基本的人権 Ⅳ 経済的自由 正当な補償――農地改革事件(三宅雄彦)……224
著訳編者 最新著作
三宅 義夫 金融論[新版](著)
宮坂 広作 ジュリスト1998年8月1-15日号(No.1139)【特集】消費者法制の軌跡と展望 消費者教育の現状と課題●宮坂 広作…143
宮坂 純一 暮らしに生きる歎異抄(著)
宮坂 富之助 書斎の窓2000.3月号(No.492) リーガル・サスペンスから学んだ ……宮坂富之助
宮坂 昌利 ジュリスト2009年4月1日号(No.1375)[時の判例]特許異議申立事件の係属中に複数の請求項に係る訂正請求がされた場合,特許異議の申立てがされている請求項についての特許請求の範囲の減縮を目的とする訂正は,訂正の対象となっている請求項ごとに個別にその許否を判断すべきか――最一小判平成20710●宮坂昌利……117
宮廻 美明 ジュリスト2007年1月1-15日号(No.1326)[渉外判例研究]外国国家の民事裁判権免除特権の制限と放棄 ――最二小判平成18・7・21●高桑 昭…212
宮里 節子 民事訴訟法判例百選Ⅰ[新法対応補正版] 52事件 IV 当事者・訴訟代理人 (4) 訴訟能力 訴訟能力――特別代理人――最高裁判所第二小法廷昭和33年7月25日判決(昭和28年(オ)第1389号離婚請求事件)最高裁判所民事判例集12巻12号1823頁…宮里節子……106
宮崎 清孝 心理学の世界(著)
宮崎 昭 マーケティング・ネットワーク論(編)
宮崎 綾望 平成28年度重要判例解説 租税法6事件 受託者の滞納固定資産税に基づき信託財産である土地と固有財産である家屋に係る賃料債権を差し押さえることの適法性(宮崎綾望)……216
Page 10: 271-300/Total 424 <前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ>
ページの先頭へ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016