HOME > 雑誌 > ジュリスト 2006年8月1-15日号(No.1317)
ジュリスト バックナンバー
毎月1回(1日発売)
ジュリスト 2006年8月1-15日号(No.1317)
最新号内容
次号予告
年度別内容一覧
定期購読のご案内
電子書籍版ジュリスト
バックナンバー
バックナンバー購入案内
バックナンバー常備店
ジュリストDVD
ジュリスト電子版
広告案内
法律実務のパートナー

ジュリスト 2006年8月1-15日号(No.1317)

2006年08月10日 発売
定価 2,409円(本体 2,190円)

【特集】新しい時代の民事訴訟法
 ◇〔座談会〕民事訴訟法改正10年,そして新たな時代へ……高橋 宏志/秋山 幹男/福田 剛久/山本 克己
I 民事訴訟法改正10年
 ◇多数当事者紛争の処理……三木 浩一
 ◇訴訟の促進と審理の充実――弁護士から……田原 睦夫
 ◇訴訟の促進と審理の充実――裁判官から……菅野 雅之
 ◇訴え提起前の情報収集・交換の拡充と審理の充実等……畑 瑞穂
 ◇陳述書の活用と審理原則……笠井 正俊
 ◇証拠法の新たな動向……山本 和彦
 ◇文書提出命令に関する判例理論の展開と展望……杉山 悦子
 ◇裁判所書記官の役割と民事訴訟手続……岡崎 格
 ◇建築関係訴訟の審理の在り方――専門的知見の獲得方法の視点から……小久保 孝雄
 ◇上訴審手続の現状と展望――再審事由を理由とする最高裁に対する上告の可否を中心として……山本 弘
 ◇少額訴訟制度の現状と課題――東京簡易裁判所における少額訴訟事件処理等を中心として……横田 康祐
II 新時代の民事手続法
 ◇法化社会における司法制度――司法の民営化は可能か……長谷部 由起子
 ◇司法制度のコストと当事者の費用負担……高中 正彦
 ◇司法制度へのアクセス――法情報・法律専門職へのアクセス……山田 文
 ◇ADR新時代……町村 泰貴
 ◇これからの法律事務所の運営についての私論――リーガルモールから共同事務所化へ……植草 宏一
 ◇権利実現の実効性確保と民事手続法の改正――平成15年・16年改正民事執行法を中心に……中島 弘雅
 ◇知的財産権訴訟における秘密保護手続の現状と課題……高部 眞規子
 ◇新会社法の施行とこれからの会社関係訴訟……本間 靖規
 ◇「新しい担保」の考え方と執行手続……森田 修
 ◇国際民事訴訟法の現在……早川 吉尚
 ◇M&A時代の民事保全――敵対的買収防衛における仮処分を中心にして……荒井 紀充
 ◇非訟手続の改革……高田 昌宏

[視点]
 男女雇用機会均等法及び労働基準法の一部改正と雇用社会……小畑 史子

[時の判例]
 ◇第三者異議の訴えの原告についての法人格否認の法理の適用――最二小判平成17・7・15……松並 重雄
 ◇クレジットカードの名義人に成り済まし同カードを利用して商品を購入する行為が詐欺罪に当たるとされた事例――最二小決平成16・2・9……多和田 隆史

[海外法律情報]
 ◇韓国―青少年性保護法改正案――再犯防止のための対策……白井 京
 ◇米国―人身取引対策法の改正……中川 かおり

[経済法判例研究会]
 課徴金審判において違反行為の不存在を主張することの可否――横石興業事件――東京高判平成18・2・3……山部 俊文

[商事判例研究]
 ◇債券現先取引におけるエンド取引の不履行と取引相手方に対する代表取締役の責任――東京地判平成15・3・19……森下 哲朗
 ◇私製手形に基づき提起した手形訴訟が不適法とされた事例――東京地判平成15・11・17……潘 阿憲

[労働判例研究]
 自社年金の受給者に対する改定条項に基づく給付利率引下げの可否――松下電器産業(年金減額)事件――大津地判平成16・12・6……桑村 裕美子

[租税法研究会]
 債務免除益をめぐる所得税法上のいくつかの解釈問題(下)……増井 良啓

[連載 探究・労働法の現代的課題]〔第11回〕
 障害・傷病労働者への配慮義務……水島 郁子/石井 妙子/井上 幸夫


ジュリストを検索

当号の執筆者一覧
秋山 幹男
荒井 紀充
石井 妙子
井上 幸夫
植草 宏一
岡崎 格
小畑 史子
笠井 正俊
菅野 雅之
桑村 裕美子
小久保 孝雄
白井 京
杉山 悦子
高田 昌宏
髙中 正彦
高橋 宏志
高部 眞規子
田原 睦夫
多和田 隆史
中川 かおり
中島 弘雅
長谷部 由起子
畑 瑞穂
早川 吉尚
潘 阿憲
福田 剛久
本間 靖規
増井 良啓
町村 泰貴
松並 重雄
三木 浩一
水島 郁子
森下 哲朗
森田 修
山田 文
山部 俊文
山本 和彦
山本 克己
山本 弘
横田 康祐
当号の分野一覧
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016