HOME > 雑誌 > ジュリスト 1994年1月1-15日号(No.1037)
ジュリスト バックナンバー
毎月1回(1日発売)
ジュリスト 1994年1月1-15日号(No.1037)
最新号内容
次号予告
年度別内容一覧
定期購読のご案内
電子書籍版ジュリスト
バックナンバー
バックナンバー購入案内
バックナンバー常備店
ジュリストDVD
ジュリスト電子版
広告案内
法律実務のパートナー

ジュリスト 1994年1月1-15日号(No.1037)

1993年12月25日 発売
定価 0円(本体 0円)

【特集】違憲審査制の現在
 ◇〈インタビュー〉憲法判例理論の現在――芦部信喜教授に聞く……芦部 信喜/安念 潤司
 ◇憲法判例の明示的変更と黙示的変更……戸松 秀典
 ◇個別的意見制の意義と役割……野中 俊彦
 ◇憲法判断における審査基準の役割……藤井 俊夫
 ◇違憲審査の対象の公権力性と私的行為性――国の私法上の行為の違憲審査と憲法の私人間効力……古川 純
 ◇原意主義論争と司法審査制――最近のアメリカにおける理論状況について……野坂 泰司
 ◇ドイツ連邦憲法裁判所の現況とその後……戸波 江二
 ◇フランスにおける憲法裁判の現況……矢口 俊昭
 ◇民事訴訟の衣をまとった憲法訴訟――民事訴訟にとっての違憲審査の意義……池田 辰夫
 ◇行政訴訟にとっての違憲審査の意義……高橋 滋
 ◇刑事訴訟にとっての違憲審査の意義……高田 昭正
 ◇労働事件訴訟における違憲審査――争議禁止の合憲限定解釈をめぐって……西谷 敏
 ◇最高裁判所判決と議会の関係……小林 武
 ◇最高裁判所判決と行政府の関係……松井 茂記
 ◇政治過程としての違憲審査……長谷部 恭男
 ◇権利保障規範としての憲法と国際人権規約……江橋 崇
 ◇〈インタビュー〉コンラート・ヘッセ氏に聞く――ドイツの違憲審査制……コンラート・ヘッセ/樋口 陽一
 ◇〈インタビュー〉ジャック・ロベール氏に聞く――フランスの違憲審査制……ジャック・ロベール/樋口 陽一
 ◇〈対談〉アメリカの違憲審査制……マイケル・K・ヤング/大須賀 明
 ◇違憲審査をする裁判官の正統性と法解釈観――比較考察……樋口 陽一
 ◇信教の自由の射程と政教分離……土屋 英雄
 ◇とらわれの聴衆……竹中 勲
 ◇集団を傷つける言論……内野 正幸
 ◇INNERE FREIHEIT と自己規制――「法でないこと」の法的効用……浜田 純一
 ◇アソシエーションと公序――団体の活動と構成員の自由……木下 智史
 ◇学校と裁判所――アメリカ連邦最高裁における保護とオートノミー……森田 明
 ◇環境型セクシュアル・ハラスメント……上村 貞美
 ◇結婚の自由――非嫡出子の差別,別姓,待婚期間の問題を中心に……高井 裕之
 ◇嫌煙権訴訟……大沢 秀介
 ◇環境訴訟の可能性……市川 正人
 ◇訴訟要件論……渋谷 秀樹
 ◇部分社会論……笹川 紀勝
 ◇立法裁量……棟居 快行
 ◇行政裁量論……又坂 常人
 ◇適用違憲の法理……永田 秀樹
 ◇立法事実論……安西 文雄
 ◇救済方法……井上 典之
 ◇立法の不作為……中谷 実

〔書評〕
 ◇日本弁護士連合会調査室編著『条解弁護士法』……竹下 守夫
 ◇「交渉と法」研究会編『裁判内交渉の論理――和解兼弁論を考える』……賀集 唱

〔時の判例〕
 ◇地方自治法242条の2第1項1号に基づく差止請求の対象の特定の程度/地方自治法242条の2第1項1号に基づく公金の支出の差止請求がその対象の特定に欠けるところはないとされた事例――最3小判平成5・9・7……千葉 勝美
 ◇甲会社が同社のすべての発行済み株式を有する乙会社の株式を取得することと商法(昭和56年法律第74号による改正前のもの)210条/甲会社が同社のすべての発行済み株式を有する乙会社の株式の売買により損失を被った場合と乙会社に生じる損害――最1小判平成5・9・9……野山 宏
 ◇時計及び眼鏡等を指定商品とする商標「SEIKO EYE」中の称呼・観念の生じる部分――最2小判平成5・9・10……高林 龍

〔商事判例研究〕
 ◇車両入替手続等の際における通知の方式と当該条項の有効性――神戸地判平成2・5・25……小野寺 千世
 ◇2社間の相互引受による新株発行の差止――東京地決平成元・7・25……平出 慶道

〔労働判例研究〕
 タクシー会社における車両確保戦術の正当性と会社の損害賠償請求――最2小判平成4・10・2(御國ハイヤー事件)……中嶋 士元也

〔渉外判例研究〕
 日本人夫とフィリピン人妻の夫婦と妻の実妹との養子縁組――盛岡家審平成3・12・16……北澤 安紀

〔JURIST NOTE〕
 民法部会財産法小委員会報告――製造物責任制度について……

〔租税判例研究〕
 措置法37条の適用の可否と事業用資産の範囲――名古屋地判平成4・5・29……高野 幸大

〔海外法律情報〕
 ◇ロシア――タックス・ポリス……亀田 進久
 ◇アメリカ――「重罪3回で終身刑」法案が上院で可決……清水 隆雄

〔JURIST TOPICS〕
 株価下落を止められない日銀の苦悩/伊勢丹株問題決着/小沢氏と中西氏のツッパリ/太平洋サミット開催……


ジュリストを検索

当号の執筆者一覧
亀田 進久
コンラート・ヘッセ
ジャック・ロベール
芦部 信喜
安念 潤司
池田 辰夫
市川 正人
井上 典之
上村 貞美
内野 正幸
江橋 崇
大沢 秀介
大須賀 明
小野寺 千世
賀集 唱
北澤 安紀
木下 智史
小林 武
笹川 紀勝
渋谷 秀樹
清水 隆雄
高井 裕之
高田 昭正
高野 幸大
高橋 滋
高林 龍
竹下 守夫
竹中 勲
千葉 勝美
土屋 英雄
戸波 江二
戸松 秀典
中嶋 士元也
中谷 実
永田 秀樹
西谷 敏
野坂 泰司
野中 俊彦
野山 宏
長谷部 恭男
浜田 純一
樋口 陽一
平出 慶道
藤井 俊夫
古川 純
又坂 常人
松井 茂記
棟居 快行
森田 明
矢口 俊昭
安西 文雄
マイケル・K・ヤング
当号の分野一覧
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016