HOME > 詳細 > 進歩性 -- 令和元・8・27最高裁判決をひとつの素材として
同一ジャンルへ: 知的財産法
進歩性

進歩性 -- 令和元・8・27最高裁判決をひとつの素材として

日本工業所有権法学会/編


2021年08月発売
A5判並製 , 260ページ
定価 4,070円(本体 3,700円)
ISBN 978-4-641-49971-3


知的財産法

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


目次
1 研究報告
伝統的知識と知的財産権:文化人類学の視点から…………………………………………中空 萌
著作物の題号又はキャラクターの名称からなる商標の無断出願…………………………陳 思勤
2 シンポジウム・進歩性──令和元・8・27最高裁判決をひとつの素材として
はじめに…………………………………………………………………………………………高林 龍
進歩性における予測できない顕著な効果について…………………………………………清水 節
技術的貢献説の再生……………………………………………………………………………時井 真
進歩性要件の意義と判断の方法………………………………………………………………前田 健
発明の進歩性の評価について…………………………………………………………………岡田吉美
3 質疑応答
4 論  説
2020年改正種苗法による指定国制度 育成品種の海外流出防止…………………………滝井朋子
悪意の商標出願に対する規制について………………………………………………………茶園成樹
パラメータ発明の進歩性判断…………………………………………………………………高石秀樹
5 その他
学会記事/学会規約/維持会員名簿
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016