HOME > 詳細 > 教育現場と研究者のための著作権ガイド

教育現場と研究者のための著作権ガイド

「こういう時はどうしたら?」に必ず応える決定版

上野 達弘 (早稲田大学教授)/編


2021年03月発売
A5判並製カバー付 , 262ページ
定価 2,420円(本体 2,200円)
ISBN 978-4-641-24344-6
Copyright Guide for Educators and Researchers

知的財産法 > 著作権法
教育学 > 教育学その他
学習・研究法

○在庫あり
ウェブサポート

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


教材づくり,オンライン授業配信,行事や入試,論稿の作成……教職員と研究者があらゆる場面で悩まされる著作権の問題を,111のQに分け簡潔に解説。適切な対応と考え方が一目で分かり,応用も利く。法の専門家が徹底的に実務に即して回答した最新・信頼の必携書。

※電子書籍配信中!*電子書籍版を見る*

◆有斐閣書籍編集部のnoteで,連載「先生教えて!学校で迷わないための著作権の話」を掲載しています。 →noteを読む

◆法学教室の「Book Information」コーナーにおいて,編集担当者が本書を紹介!!  →記事を読む
目次
第1章 著作権のある著作物とは?〈上野達弘〉
 第1節 著作物とは
 第2節 著作権のない著作物
 第3節 フリー素材
第2章 教員による著作物利用と著作権〈今村哲也〉
 第1節 授業の過程における利用(35条)
 第2節 試験目的の利用(36条)
第3章 学生・生徒による著作物利用と著作権〈山神清和〉
 第1節 授業とは何か
 第2節 想定される「授業」以外の利用形態
 第3節 制限規定
 第4節 利用許諾
 第5節 未成年者による著作権等侵害に関する親・学校の監督責任
第4章 学校による著作物利用と著作権〈横山久芳〉
 第1節 内部利用
 第2節 利用許諾
 第3節 行事利用
 第4節 ウェブサイトにおける利用
 第5節 入試問題における利用
第5章 研究・論文における著作物利用と著作権〈谷川和幸〉
 第1節 引用目的の利用(32条)
 第2節 著作者の認定(2条1項2号)
 第3節 著作権の譲渡・ライセンス
 第4節 研究不正行為(研究倫理)
第6章 学生・生徒への著作権教育〈小島立〉
 第1節 はじめに
 第2節 「著作権教育」が求められている背景事情
 第3節 「著作権教育」の現状と課題について
 第4節 現在の「著作権教育」を乗り越える手がかりは存在しないのか?
 第5節 「著作権教育」を行ううえでの基本的視座はいかにあるべきか?
 第6節 おわりに

ウェブサポート

巻末資料リンク集
・フリー素材サイト
・パブリックドメインが掲載されているサイト
・ガイドライン
・権利団体窓口

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016