HOME > 刊行予定 > 科学技術と行政法学
同一ジャンルへ: 行政法
科学技術と行政法学

科学技術と行政法学

「科学技術と行政法」の現在地

高橋 滋 (法政大学教授・一橋大学名誉教授)/著


2021年12月15日発売
A5判上製カバー付 , 440ページ
定価 10,780円(本体 9,800円)
ISBN 978-4-641-22816-0


行政法

ご購入はこちらから オンラインショップ


※価格表記が「予定価」となっている場合、お支払額が変更になる場合があります。
※近刊の書籍ですので,ネット書店によっては,書籍詳細ページがまだ出来ていない場合があります。その場合は,他のネット書店でお探しいただくか,日を改めてご確認ください。


東日本大震災に伴う福島第一原発事故後10年の節目に,原子力規制を中心とした科学技術をめぐる行政法理についての論稿をまとめる。原子力関係の主要な委員会等において要職を歴任してきた著者による,深く確かな考察が広がる。
目次
第1篇 原子力規制の行政法理──福島原発事故前
 第1部 法政策と法制度
  第1章「日本の原子力」
  第2章「原子炉等規制法の改正と原子力災害対策特別措置法の制定」
  第3章「行政上の規範」
 第2部 リスクの評価と管理
  第1章「臨界事故における法的側面の検討」
  第2章「リスク評価・規制機関における専門性・中立性・透明性の在り方の検討」
 第3部 司法統制論
  第1章「科学技術裁判における無効確認訴訟の意義」
第2篇 原子力規制の行政法理──福島原発事故後
 第1部 法政策と法制度
  第1章「福島原発事故と原子力安全規制法制の課題」
  第2章「原子力規制法制の現状と課題」
  第3章「原子力に関する機構改革と環境法の役割」
 第2部 原子力損害賠償
  第1章「原子力損害賠償紛争審査会について」
  第2章「原子力損害賠償法の法的諸問題」
  第3章「福島原発事故からの復興と原子力損害賠償」
  第4章「事故賠償制度の現状と課題」
 第3部 司法統制論
  第1章「原子力関連施設をめぐる紛争と行政訴訟の役割」
  第2章「原子力関連施設をめぐる紛争と行政訴訟の役割──補論」
  第3章「原子力法の諸問題」
第3篇 最終処分場の立地選定
 第1章「放射性廃棄物処分問題の法的検討」
 第2章「高レベル放射性廃棄物最終処分問題の現状と改革の課題」
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016