HOME > 詳細 > はじめて出会う中国 改訂版
はじめて出会う中国

はじめて出会う中国 改訂版

知ることから始めよう!

有斐閣アルマ > Interest

園田 茂人 (東京大学教授)/編


2022年03月発売
四六判並製カバー付 , 222ページ
定価 2,200円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-22181-9
Understanding China: Textbook for Beginners, 2nd edition

各国の文化と社会

○在庫あり
書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


国際社会における存在感がますます高まる中国。中国に関する情報も増え,その実像はつかみにくくなっている。本書は,さまざまなイメージをもたれる中国を,客観的に理解するために必要な政治・社会に関する基礎知識をわかりやすくかつコンパクトに解説する。
目次
第1部 この大国をどうやって統治しているのか
 第1章 統合ツールとしての中国共産党:組織と個人のダイナミズム(小嶋華津子)
 第2章 「上有政策,下有対策」から「社会の安定」の時代へ:中央・地方・個人の微妙な力学(平野聡)
 第3章 多民族統治の困難:「中華民族」の理想と現実(平野)
 第4章 戸籍という身分制度:大量移動時代のパスポート(園田茂人)
第2部 市場経済化がどのような変化をもたらしているのか
 第5章 階層化という鬼っこ:格差は社会に混乱をもたらすか(園田)
 第6章 学歴社会の誕生:高等教育の大衆化という文化的遺伝子(園田)
 第7章 経済成長は民主化をもたらすか:天安門事件後のエリート政治の新展開(小嶋)
 第8章 消費され輸出される文化:グローバル化とローカル化のはざまで(谷垣真理子)
第3部 中国は世界で尊敬される国になるか
 第9章 中国人は世界をめざす:華人ディアスポラの現在(谷垣)
 第10章 自強という見果てぬ夢:愛国主義とナショナリズムのゆくえ(加茂具樹)
 第11章 新しい国際秩序の誕生?:中国の「大国」外交とは何か(加茂)
 第12章 友好から敵対へ?:日本の対中世論悪化をめぐって(園田)

書評等

※「2022年版 東方書店おすすめ 中国を学ぶための入門書・ガイドブック」で紹介されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016