HOME > 詳細 > ケースに学ぶ日本の企業 -- ビジネス・ヒストリーへの招待
同一ジャンルへ: 経営学,経営史

ケースに学ぶ日本の企業 -- ビジネス・ヒストリーへの招待

社会が企業を変え,企業が社会を変える

加藤 健太 (高崎経済大学准教授),大石 直樹 (埼玉大学准教授)/著


2013年04月発売
A5判並製カバー付 , 420ページ
定価 3,132円(本体 2,900円)
ISBN 978-4-641-18408-4
Japanese Business History

経営学
経営史
やさしい入門書

○在庫あり

日本を代表する諸企業の行動を活写したケースにより,近代以降の経営史を説くテキスト。企業は,各時代に,どのような市場へ,どうアプローチしたか。そして,そうした企業活動は,社会をいかに変えたか。日本の消費社会が現在の姿に至る過程を,具体例で描く。
目次
Introduction 歴史とケース・スタディ
 第1部 羽織から背広へ──勃興する市場と模索する企業
Case 1 大阪紡績●会社を創るということ
Case 2 三菱合資●「財閥」って何?
Case 3 阪 急●大きくなっていく事業
Case 4 資生堂●憧れの演出
Case 5 三井物産●“商社マン”の仕事って?
 第2部 今日よりも豊かな明日──成長する市場と挑戦する企業
Case 6 松下電器産業●誰でもNationalを知っていた
Case 7 ダイエー●値段は誰が決めるのか
Case 8 トヨタ自動車●流れを究める
Case 9 本田技研工業●危機を好機に
Case 10 ソニー●マーケットの創造
Case 11 全日本空輸●大空への挑戦
 第3部 「真似ぶ」時代を過ぎて──成熟する市場と創造する企業
Case 12 セゾン●やわらかい開発
Case 13 吉野家●ある企業の「倒産」と再生の物語
Case 14 集英社●『週刊少年ジャンプ』はなぜ“神話”となりえたのか
Case 15 オリエンタルランド●ディズニーだけが知っている
Case 16 任天堂●新しい遊びの創造
Case 17 ソフトバンク●“時間を買う”
Case 18 ファーストリテイリング●安くて高品質で“オシャレ”なユニクロはどう作られるのか
 巻末付録1 読書案内
 巻末付録2 レポートの書き方
 巻末付録3 企業博物館利用のススメ
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016