HOME > 刊行予定 > 刑事訴訟法 第2版
同一ジャンルへ: 刑事訴訟法
刑事訴訟法

刑事訴訟法 第2版

大好評のリーガルクエスト,待望の改訂

宇藤 崇 (神戸大学教授),松田 岳士 (大阪大学教授),堀江 慎司 (京都大学教授)/著


2018年01月下旬予定
A5判並製カバー付 , 580ページ
予定価 3,780円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-17933-2


刑事訴訟法


刑事訴訟法の基本事項・重要事項を,わかりやすく丁寧に解説。関連項目の相互参照,豊富な小見出し,別枠での重要判例や充実したコラムなど,読みやすさに配慮したテキスト。2016(平成28)年刑訴法改正に加え,近年の重要判例にも対応した最新第2版。
目次
序 章
 第1節 刑事手続・刑事訴訟法の役割
 第2節 刑事手続に関する諸理念と現行刑事手続の構造
 第3節 手続関係者
第1章 捜 査
 第1節 捜査法の基本枠組み
 第2節 捜査の端緒
 第3節 逮捕・勾留
 第4節 取調べ等
 第5節 捜索・押収・検証等
 第6節 その他の捜査方法
 第7節 被疑者の防御
 第8節 捜査の終結
第2章 公訴権の行使と訴訟条件
 第1節 公訴に関する基本原則
 第2節 公訴提起の手続・効果
 第3節 訴因・罰条の変更
 第4節 訴訟条件
第3章 公判手続
 第1節 公判手続の原則と構造
 第2節 公判準備
 第3節 公判における審判手続
第4章 証拠法
 第1節 証拠法序説
 第2節 証拠の関連性
 第3節 伝聞証拠の証拠能力
 第4節 違法収集証拠の証拠能力
 第5節 自白の証拠能力と証明力
 第6節 証拠の評価・心証の形成
第5章 裁 判
 第1節 裁判の意義・成立・構成
 第2節 裁判の効力と執行
第6章 簡易化された審判手続
 第1節 簡易公判手続・即決裁判手続
 第2節 略式手続
第7章 上 訴
 第1節 上訴制度の概要
 第2節 控訴
 第3節 上告
 第4節 抗告・準抗告
第8章 非常救済手続
 第1節 再審
 第2節 非常上告
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016