HOME > 詳細 > 民法Ⅴ 事務管理・不当利得・不法行為
同一ジャンルへ: 債権各論
民法Ⅴ 事務管理・不当利得・不法行為

民法Ⅴ 事務管理・不当利得・不法行為

橋本 佳幸 (京都大学教授),大久保 邦彦 (大阪大学教授),小池 泰 (九州大学准教授)/著


2011年11月発売
A5判並製カバー付 , 386ページ
定価 2,916円(本体 2,700円)
ISBN 978-4-641-17916-5


債権各論 > 事務管理・不当利得
債権各論 > 不法行為
基本書・体系書

○在庫あり

LEGAL QUEST・民法全6巻のうちの第5巻。「事務管理・不当利得・不法行為」を対象とする法学部講義用テキスト。法科大学院の法学既修者として要求されるレベルを習得することをねらいとし,立法趣旨・制度趣旨・判例の位置づけなどを丁寧に解説する。
目次
第1編 事務管理・不当利得
 第1章 事務管理
 第2章 不当利得
第2編 不法行為
 第1章 総説
 第2章 責任の成立
 第3章 責任の範囲
 第4章 責任の内容
 第5章 特殊の不法行為
 第6章 差止め
 第7章 不法行為責任と契約責任

ウェブサポート

2017(平成29)年5月に民法の一部を改正する法律が可決成立し、民法の債権関係の規定が大幅に改正されました。本書の対象領域に関わる主な改正点を解説するとともに、刊行後登場した重要判例を紹介するため、補遺を作成いたしました。
 →「補遺」を見る(PDF:665KB)

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016