HOME > 詳細 > 民事執行・民事保全法
民事執行・民事保全法

民事執行・民事保全法

中西 正 (神戸大学教授),中島 弘雅 (慶應義塾大学教授),八田 卓也 (神戸大学准教授)/著


2010年03月発売
A5判並製カバー付 , 390ページ
定価 2,916円(本体 2,700円)
ISBN 978-4-641-17907-3


民事執行・保全法
基本書・体系書

○在庫あり

法学部生・法科大学院生のための民事執行法・民事保全法のテキスト。どのような場合に,誰のどのような権利をどのように保護するための制度なのか,が具体的に理解できるよう,冒頭にケースを置き,基本用語の定義や制度の存在意義を丁寧に解説する。
目次
第1章 序――民事執行,民事保全手続の全体像
 第1節 民事執行,民事保全手続の民事手続の中での位置づけ
 第2節 民事執行,民事保全手続に関する法律の沿革
 第3節 執行手続の種類・態様
 第4節 強制執行手続の基本構造と理念
第2章 強制執行手続の開始と進行――不動産執行の場合を念頭に置きながら
 第1節 執行機関と執行当事者
 第2節 強制執行の要件
 第3節 債務名義
 第4節 執行文の付与
 第5節 執行の対象
 第6節 執行の救済
 第7節 執行手続の停止・取消しと終了
第3章 金銭債権実行手続(金銭執行)
 第1節 不動産に対する強制執行(不動産執行)
      *不動産執行のケース
 第2節 動産に対する強制執行(動産執行)
      *動産執行のケース
 第3節 債権およびその他の財産権に対する強制執行(権利執行)
      *債権執行のケース
第4章 非金銭債権実行手続(非金銭執行)
 第1節 総説
      *非金銭執行のケース1・2
 第2節 物の引渡・明渡請求権についての強制執行
 第3節 作為・不作為請求権についての強制執行
第5章 担保権実行手続(担保執行)
 第1節 担保執行と強制執行
 第2節 不動産担保権の実行(不動産担保執行)
      *担保不動産競売のケース
      *担保不動産収益執行のケース
 第3節 動産競売
      *動産競売のケース
 第4節 債権およびその他の財産権に対する担保権の実行(債権担保執行)
      *債権担保執行のケース
 第5節 物上代位
      *物上代位のケース
第6章 民事保全手続
 第1節 はじめに
      *民事保全のケース1~3
 第2節 保全命令発令手続
 第3節 不服申立手続
 第4節 保全執行
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016