HOME > 詳細 > 伴走型支援 -- 新しい支援と社会のカタチ
同一ジャンルへ: 社会福祉
伴走型支援

伴走型支援 -- 新しい支援と社会のカタチ

孤立させない「つながる」支援へ

奥田 知志 (NPO法人抱樸理事長,牧師),原田 正樹 (日本福祉大学教授)/編


2021年09月発売
A5判並製カバー付 , 208ページ
定価 2,200円(本体 2,000円)
ISBN 978-4-641-17466-5
Walking Side by Side with People in Need of Support: A New Approach to Foster Social Ties

社会福祉

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


困窮や孤立,今日的なニーズへの支援として「伴走型支援」への期待が高まっている。この支援を通して社会はどのように変わるのか。10名のパイオニアが実践や研究の中から紡ぎ出す貴重なメッセージから,その概念や方法,課題や可能性について多面的に考える。
目次
第1部 伴走型支援を考える
 第1章 伴走型支援の理念と価値(奥田知志)
 第2章 なぜ伴走型支援が求められているのか(稲月正)
 第3章 単身化する社会と社会的孤立に対する伴走型支援(藤森克彦)
第2部 人と地域に伴走する支援
 第4章 伴走型支援と地域づくり(勝部麗子)
 第5章 アウトリーチと伴走型支援(谷口仁史)
 第6章 越境する伴走型支援(大原裕介)
 第7章 日本における伴走型支援の展開(原田正樹)
第3部 新しい社会を構想する
 第8章 伴走型支援と当事者研究(向谷地生良)
 第9章 伴走型支援は本当に有効か(野澤和弘)
 第10章 伴走型支援がつくる未来(村木厚子)
終 章 あらためて伴走型支援とは何か──物語の支援(奥田知志)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016