HOME > 詳細 > 社会福祉のトポス -- 社会福祉の新たな解釈を求めて
同一ジャンルへ: 社会福祉
社会福祉のトポス

社会福祉のトポス -- 社会福祉の新たな解釈を求めて

社会福祉,社会保障,雇用政策,教育学,保健学徒 必読の書

岩田 正美 (日本女子大学名誉教授)/著


2016年01月発売
A5判並製カバー付 , 450ページ
定価 4,536円(本体 4,200円)
ISBN 978-4-641-17416-0
Topos of Social Welfare

社会福祉

○在庫あり

社会福祉とは何か,なぜ必要なのか。戦後の「広義の社会保障」と関連政策をいくつかの異なった「事業集合」として捉え,その集合の形成・解体・転形と結合のプロセスや,社会との位置関係について,厚生(労働)白書を主な具体的素材として丹念に分析する。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
序 章 社会福祉の新しい解釈を求めて
第1章 社会問題から社会福祉ニードへ─「ニード」の「オモテ」と「ウラ」
第2章 ニードと資源─ニード充足手段・ニードの分類・判定基準・受給資格
第3章 誰が何を根拠に決めるのか─権力と「弱者の武器」
第4章 白書分析の前提─視点と資料,厚生白書前の〈事業集合〉の特徴
第5章 戦後日本の社会福祉事業の異集合(1)─国民皆保険・皆年金と福祉6法体制の光と影(1956~1972年)
第6章 戦後日本の社会福祉事業の異集合(2)─福祉元年以降の社会福祉事業集合の変化(1973~2010年)
第7章 社会福祉のトポス
終 章 社会福祉の基本問題

受賞

2017年度日本社会福祉学会学会賞 学術賞(単著部門)

書評等

※「社会福祉研究」126号に書評が掲載されました。評者は,駒村康平・慶應義塾大学教授。
※「大原社会問題研究所雑誌」699号(2017年1月号)に書評が掲載されました。評者は,岩崎晋也・法政大学教授。
※「月刊福祉」10月号に書評が掲載されました。評者は,武川正吾・東京大学大学院教授。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016