HOME > 詳細 > ヒトの子育ての進化と文化 -- アロマザリングの役割を考える
同一ジャンルへ: 心理学
ヒトの子育ての進化と文化

ヒトの子育ての進化と文化 -- アロマザリングの役割を考える

子育てのかたち・家族のかたち

根ヶ山 光一 (早稲田大学教授),柏木 惠子 (東京女子大学名誉教授)/編著


2010年07月発売
A5判上製カバー付 , 314ページ
定価 3,672円(本体 3,400円)
ISBN 978-4-641-17368-2


心理学 > 心理学その他
心理学 > 発達心理学
個別テーマの解説書

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


子育ては「母親の手で」なされるべきもの,という言説は科学的・実証的に妥当か?「母親以外による子育て」(アロマザリング)の諸相を,進化,社会・文化,そして現実の視点から多角的に解読した意欲作。各章末には関連するトピックを1~2個盛り込んだ。
目次
 序 人間の子育てを理解する窓としてのアロマザリング
第1部 アロマザリングの理論─進化
 第1章 動物におけるアロマザリング
 第2章 霊長類のアロマザリング
 第3章 子別れとアロマザリング
第2部 アロマザリングの理論─社会・文化
 第4章 歴史の中のアロマザリング
 第5章 アロマザリングの文化比較
 第6章 愛着からソーシャル・ネットワークへ
第3部 アロマザリングの現実
 第7章 父親によるアロマザリング
 第8章 アロマザリングを阻む文化
 第9章 保育園におけるアロマザリング
 第10章 子どもの安全とアロマザリング
 第11章 祖父母によるアロマザリング
 第12章 養子縁組における育て親のアロマザリング
 第13章 子育て支援の実践
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016