HOME > 詳細 > 環境リスク管理と予防原則 -- 法学的・経済学的検討
環境リスク管理と予防原則

環境リスク管理と予防原則 -- 法学的・経済学的検討

予防原則の理論的基礎の構築へ

植田 和弘 (京都大学教授),大塚 直 (早稲田大学教授)/監修
損害保険ジャパン損保ジャパン環境財団/編


2010年06月発売
A5判上製カバー付 , 396ページ
定価 4,104円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-17367-5
Environmental Risk Management and Precautionary Principle

環境法 > 環境保全
環境 > 環境経済学
財政・公共経済学 > 環境経済学

○在庫あり

地球環境問題,エネルギー,食品安全等の科学的不確実性にいかに対処すべきか──理論的基礎の構築に向けて,各分野における予防原則(予防アプローチ)の適用事例を網羅的に整理・解説し,政府・企業・市民がとるべき環境リスク管理のあり方を提示する。
目次
第1部 予防原則の適用はどこまで進んだか
 第1章 欧州の化学物質管理法における予防原則の具体化[赤渕芳宏]
 第2章 日本の化学物質管理と予防原則[大塚直]
 第3章 地球温暖化対策におけるリスク管理の考え方[久保田泉]
 第4章 原子力技術に対する予防原則の適用[卯辰昇]
 第5章 食品安全分野における予防原則[工藤春代]
 第6章 生物多様性/生態系の危機を認識するための評価[鷲谷いづみ]
 第7章 予防原則の観点から見たリスク・マネジメントの現状と今後の対応[大内功]
第2部 予防原則の法学的・経済学的検討
 第8章 国際法における予防原則[髙村ゆかり]
 第9章 予防原則における科学性の要請[赤渕芳宏]
 第10章 予防原則と不確実性の経済理論[赤尾健一]
 第11章 予防原則,オプション価格,費用便益分析[佐藤真行]
 第12章 予防原則と行政裁量・基準[仲田孝仁]
 第13章 予防原則と関係主体の参加[礒野弥生]
 第14章 予防原則の法的課題[大塚直]
第3部 公共政策・企業経営と予防原則
 第15章 予防原則と環境政策手段[植田和弘]
 第16章 予防原則と企業経営[関正雄]
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016