HOME > 詳細 > 社会福祉の利用者と人権 -- 利用関係の多様化と権利保障
同一ジャンルへ: 社会福祉
社会福祉の利用者と人権

社会福祉の利用者と人権 -- 利用関係の多様化と権利保障

利用関係の多様化の下での社会福祉を,人権の観点から原理的に探求

秋元 美世 (東洋大学教授)/著


2010年04月発売
A5判上製カバー付 , 236ページ
定価 4,104円(本体 3,800円)
ISBN 978-4-641-17366-8
Welfare Services Users and Their Human Rights

社会福祉 > 社会福祉その他

○在庫あり

介護保険にみられる契約型利用関係など,福祉サービスにおける利用関係が多様になっている現在,社会福祉の制度設計を人権の観点からとらえる研究が注目されている。そのなかで,個人と社会と国家がどのような関係にあるべきなのかを原理的に問い直した。
目次

第1部 利用関係の多様化
 第1章 福祉サービスの利用者像
 第2章 福祉サービスと契約──消費者としての利用者
 第3章 保護を必要とする利用者──支援と自律
 第4章 自立を求められる利用者──生活保護と自立支援
第2部 人権理論の再構築
 第5章 利用者像の多様化と福祉の権利
 第6章 福祉と人権理論の再構築
 第7章 人権と基本的ニーズ
 第8章 社会福祉の利用者と人権の理論

受賞

第8回(2011年度)日本社会福祉学会学会賞学術賞
第12回(平成22年)損保ジャパン記念財団賞(著者部門)

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016