HOME > 詳細 > 病院の世紀の理論
病院の世紀の理論

病院の世紀の理論

日本の医療を理論的・歴史的に解明する

猪飼 周平 (一橋大学准教授)/著


2010年04月発売
A5判上製カバー付 , 336ページ
定価 4,320円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-17359-0
The Theory of the Hospital Century

社会政策・社会保障 > 社会政策
経済史 > 経済史その他

○在庫あり

20世紀の日本の医療システムを理論的・歴史的に位置づける力作。現代人がイメージする「病院」での治療などの価値,機能,制度は,20世紀に導入され,作られたものであることを明らかにし,これからの医療に必要な歴史的視野にたった政策展望を提示する。
目次
20世紀の医療は,その中核をなす制度としての「〈病院〉の世紀」であった。そして,医療システムが「生活の質」に結びつけて評価され,地域社会に戻りつつある現在,その「病院の世紀」は終焉を迎え,日本はいま医療システムの1世紀ぶりの大きな変動期に入っている。

序 章 病院の世紀という構想について
第1章 病院の世紀の理論
第2章 所有原理型医療システムの原型――明治期日本における開業医の形成
第3章 専門医化する日本の医師――20世紀前半日本における医師のキャリア
第4章 医療の社会化運動の時代――20世紀前半日本における医師の地理的分布
第5章 開業医の経済的基盤と公共性――20世紀前半日本における開業医の病院経営
第6章 病院の世紀の終焉――健康戦略の転換の時代
第7章 治療のための病床――20世紀日本における病床の変遷
第8章 医局制度の形成とその変容

受賞

第17回(2010)社会政策学会奨励賞

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016