HOME > 詳細 > 精神疾患の行動遺伝学 -- 何が遺伝するのか
同一ジャンルへ: 心理学
精神疾患の行動遺伝学

精神疾患の行動遺伝学 -- 何が遺伝するのか

「遺伝か育ちか」を超えて

Kerry・L.Jang (ブリティッシュ・コロンビア大学教授)/著
安藤 寿康 (慶應義塾大学教授),大野 裕 (慶應義塾大学教授)/監訳


2007年10月発売
A5判並製カバー付 , 278ページ
定価 2,808円(本体 2,600円)
ISBN 978-4-641-17333-0


心理学 > 心理学その他
個別テーマの解説書

在庫なし

心は,どのように遺伝するのか。うつなどの精神疾患の要因は,遺伝なのか,それとも育て方なのか。精神疾患をとらえなおすとともに,人間の成長や発達に影響を与える「遺伝と環境の複雑な相互作用」という長年の謎に,最新の行動遺伝学研究が迫る。
目次
日本語版への序文
 序 文
第1部 行動遺伝学の基礎
 第1章 序 論
 第2章 行動遺伝学の基本原則
 第3章 分類と診断
第2部 一般的な精神疾患の行動遺伝学
 第4章 気分障害
 第5章 パーソナリティ障害
 第6章 不安障害
 第7章 物質使用の問題
 第8章 統合失調症と精神病性障害
 第9章 結 び
 訳者解説
 読書案内
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016