HOME > 詳細 > 家計・企業の金融行動から見た中国経済 -- 「高貯蓄率」と「過剰債務」のメカニズムの解明
家計・企業の金融行動から見た中国経済

家計・企業の金融行動から見た中国経済 -- 「高貯蓄率」と「過剰債務」のメカニズムの解明

中国経済の真の姿を理解し,将来を展望する

唐 成 (中央大学教授)/著


2021年12月発売
A5判上製カバー付 , 228ページ
定価 4,400円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-16591-5
Uncovering the Mechanisms of "High Savings Rate" and "Excessive Debt": Understanding China's Economiy in Transition

各国・地域経済 > アジア
金融 > 金融論

○在庫あり

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


中国のさまざまなデータの特性を考慮したうえで,ミクロとマクロ両面のデータを駆使し,中国の高貯蓄率と過剰債務・過剰投資問題のメカニズムを明らかにする。家計・企業・銀行の金融行動を理解し,少子高齢化やデジタル化が進む中国経済の将来を展望する。
目次
序章 中国経済におけるISバランスの変容
 第Ⅰ部 家計の金融行動
第1章 家計の貯蓄行動──なぜ家計貯蓄率は高いのか
第2章 家計の資産選択行動──なぜ家計はリスク資産を保有するのか
第3章 家計の借入行動──金融リテラシーはどのような影響を与えるのか
 第Ⅱ部 銀行・産業の金融行動
第4章 産業における資金配分と銀行貸出
──金融機関の融資行動はどのように変わったのか
第5章 企業の過剰投資行動──フリーキャッシュフローはどのような影響を与えるのか
第6章 政策金融──地方政府の債務問題にどのような影響を与えたのか
終章 持続的経済成長に向けての課題──デジタル金融は経済成長の牽引役となるのか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016