HOME > 詳細 > ろけっとぽっぽー&ホッホー博士と学ぶミクロ経済学入門 -- 「市場」って何だろう?
同一ジャンルへ: 経済理論

ろけっとぽっぽー&ホッホー博士と学ぶミクロ経済学入門 -- 「市場」って何だろう?

楽しく学べて,これならわかる!

竹内 健蔵 (東京女子大学教授)/著


2021年12月発売
四六判並製カバー付 , 168ページ
定価 1,650円(本体 1,500円)
ISBN 978-4-641-16590-8
A Very Rough Introduction to Microeconomics: What's the Market?

経済理論 > ミクロ経済学
やさしい入門書

○在庫あり
書評等

ご購入はこちらから オンラインショップ

※「在庫あり」の商品でも,各ネット書店で在庫がない場合がございます。その場合は,最寄りの書店に直接ご注文ください。


難しそうで,とっつきにくいミクロ経済学を学ぶために,まず手に取っていただきたい一冊が登場! 全編にわたり会話調で,楽しみながら基礎の基礎を学べます。エッセンスに絞っているため,ポイントを自然と身につけられ,苦手意識も解消されるはず。
目次
プロローグ ろけっとぽっぽーとホッホー博士の会話を聞いてみた
1 ミクロ経済学って何だろう?
2 幸せになりたい!──消費者の目的
3 幸せを大きくするためには?──消費者行動
4 利益を得たい!──生産者の目的
5 利益を大きくするためには?──生産者行動
6 幸せになりたい人と利益を得たい人との出会い──市場
7 市場メカニズムが社会の幸せを大きくする理由
8 市場メカニズムって万能なの?

書評等

※『週刊エコノミスト』(2022年2月8日号)の「Book Review 話題の本」で紹介されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016