HOME > 刊行予定 > 経済史・経営史研究 入門 -- 基本文献・理論的枠組みと史料調査・データ分析の方法
経済史・経営史研究 入門

経済史・経営史研究 入門 -- 基本文献・理論的枠組みと史料調査・データ分析の方法

東京大学大学院経済学研究科の講義から生まれた

岡崎 哲二 (東京大学教授)/編
中林 真幸 (東京大学教授),城山 智子 (東京大学教授),山本 浩司 (東京大学准教授),松島 斉 (東京大学教授),青木 浩介 (東京大学教授),市村 英彦 (東京大学教授),粕谷 誠 (東京大学教授),谷本 雅之 (東京大学教授),小島 庸平 (東京大学准教授),小野塚 知二 (東京大学教授),中村 尚史 (東京大学教授)/著


2022年03月上旬予定
A5判並製カバー付 , 280ページ
予定価 2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-16584-7


経済史
経営史
経済理論
補助教材

ご購入はこちらから オンラインショップ


※価格表記が「予定価」となっている場合、お支払額が変更になる場合があります。
※近刊の書籍ですので,ネット書店によっては,書籍詳細ページがまだ出来ていない場合があります。その場合は,他のネット書店でお探しいただくか,日を改めてご確認ください。


基本的な技能をある程度標準化して広く伝えること,また,研究成果自体のみならずその成果を生み出す過程の面白さを伝えること,を目的として編集された。時代を俯瞰する視点から,理論との係わり方,調査・研究に係る細やかな視点まで,魅力的溢れる研究の世界。
目次
第1部 経済史・経営史研究の現在
 1章 【日 本】 家父長制と福祉国家(中林真幸)
 2章 【アジア】 「まとまり」としてのアジア経済史(城山智子)
 3章 【欧 米】 時代と向き合う西洋経済史(山本浩司)
第2部 経済史と経済学との関わり方
 4章 ミクロ経済学(松島 斉)
 5章 マクロ経済学(青木浩介)
 6章 計量経済学(市村英彦)
第3部 史料とデータの使い方・考え方
 7章 日本の企業史料(1):大企業(粕谷 誠)
 8章 日本の企業史料(2):中小企業(谷本雅之)
 9章 日本の農村史料(小島庸平)
 10章 海外の企業史料(小野塚知二)
 11章 オーラル・ヒストリー(中村尚史)
 12章 マイクロ・データとその利用(岡崎哲二)
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016