HOME > 刊行予定 > 経済史 -- いまを知り,未来を生きるために
同一ジャンルへ: 経済史
経済史

経済史 -- いまを知り,未来を生きるために

経済活動を推し進めてきたものは何か? どこへ向かうのか?

小野塚 知二 (東京大学教授)/著


2018年02月01日発売
四六判並製カバー付 , 598ページ
定価 4,320円(本体 4,000円)
ISBN 978-4-641-16515-1


経済史


経済はなぜ成長するのか? 人類はいかにして生存してきたのか? 経済はいかに成長してきたのか? これらの問いを入口として,近代前から,分業,市場,貨幣といった経済学の用語のみならず,権力,文化,共同体等人文科学の基本的な概念も用いて俯瞰する歴史。
目次
序章 経済史とは何か
Ⅰ 導入──経済,社会,人間
 1 経済成長と際限のない欲望/2 欲望充足の効率性と両義性
Ⅱ 前近代──欲望を制御する社会
 3 総説:前近代と近現代/4 共同体と生産様式/5 前近代社会の持続可能性と停滞/6 前近代の市場,貨幣,資本
Ⅲ 近世──変容する社会と経済
 7 総説:前近代から近代への移行/8 市場経済と資本主義/9 近世の市場と経済活動/10 近世の経済と国家/11 近世の経済規範/12 経済発展の型
Ⅳ 近代──欲望の充足を求める社会・経済
 13 産業革命/14 資本主義の経済制度/15 国家と経済/16 自然と経済/17 家と経済/18 資本主義の世界体制
Ⅴ 現代──欲望の人為的維持
 19 近代と現代/20 第一のグローバル経済と第一次大戦/21 第一次大戦後の経済/22 第二次世界大戦とその後の経済/23 第二のグローバル化の時代
終章 「現在」「未来」をどう生きるか
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016