HOME > 詳細 > イノベーション時代の競争政策 -- 研究・特許・プラットフォームの法と経済
イノベーション時代の競争政策

イノベーション時代の競争政策 -- 研究・特許・プラットフォームの法と経済

これからの独占禁止法のあるべき姿とは?

小田切 宏之 (一橋大学名誉教授、前公正取引委員会委員)/著


2016年12月発売
A5判並製カバー付 , 310ページ
定価 3,024円(本体 2,800円)
ISBN 978-4-641-16496-3
Competition Policy in the Innovation Age: Law and Economics for Research, Patents and Platform

経済法
知的財産法
産業組織論
イノベーション論
個別テーマの解説書

○在庫あり

特許による技術の専有と競争との折り合いをどうつけるか,共同研究が競争制限的な共同行為となるのをどう防ぐか,プラットフォーム間での価格競争をどう確保するか──技術革新が著しい時代に特有の問題に,いかに対応するべきかを経済学的考察から探る。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
 序 章 本書の問題意識と構成
第1部 研 究
 第1章 独占禁止法
 第2章 イノベーションと知的財産権
 第3章 共同研究
第2部 特 許
 第4章 リバース・ペイメント(RP)
 第5章 標準必須特許(SEP)
 第6章 パテントプール
 第7章 拘束条件付きライセンス
 第8章 トロール・特許主張者(PAE)
 第9章 企業結合規制
第3部 プラットフォーム
 第10章 流通イノベーション
 第11章 プラットフォーム間価格競争
 第12章 双方向市場の価格戦略
 第13章 双方向市場の競争政策
 終 章 本書のまとめと残された問題

書評等

※『公正取引』2017年4月号(798号)に書評が掲載されました。評者は,稗貫俊文・北海学園大学教授。
※『経済セミナー』2017年4・5月号の「新刊書紹介」に掲載されました。
※『週刊法律新聞』2017年2月24日号の「新刊紹介」に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016