HOME > 詳細 > 再考・医療費適正化 -- 実証分析と理念に基づく政策案

再考・医療費適正化 -- 実証分析と理念に基づく政策案

削るための政策から,守るための政策へ

印南 一路 (慶應義塾大学教授,中央社会保険医療協議会委員,医療経済研究機構研究部長)/編著


2016年08月発売
A5判並製カバー付 , 300ページ
定価 3,888円(本体 3,600円)
ISBN 978-4-641-16483-3
Rethinking the Healthcare Cost Containment:
New Policies Based on Empirical Analyses and Justice Theories


経済政策 > 公共政策(経済政策の)
社会政策・社会保障 > 社会保障論
個別テーマの解説書

○在庫あり

高齢化は医療費増加の主因ではない? 病床数を減らしても医療費は下がらない? 精緻な分析から医療費増加の最大の要因を突き止め,これまでの政策を評価したうえで,医療費抑制策とは一線を画す,医療保障のあるべき姿に基づいた医療費政策を提示。
目次
第1部 医療費適正化の根拠と意味を考える
 第1章 医療費問題と医療費適正化政策の展開
 第2章 医療費適正化の根拠と意味内容
第2部 医療費の増加要因を分析する
 第3章 医療費のどこが増えているのか
 第4章 医療費はなぜ増えるのか
 第5章 複雑な要因をひもとく
第3部 医療費適正化の政策評価と重点対策地域
 第6章 医療費適正化政策を評価する
 第7章 医療費適正化の重点対策地域と有効な方法をみつける
第4部 求められる医療費適正化政策
 第8章 医療費適正化政策群を評価する
 第9章 生命と自由を守る医療保障の理念
 第10章 生命と自由を守る医療費政策

書評等

※「年報 医事法学」第32号(2017年)の「文献紹介」に掲載されました。紹介者は,自治医科大学地域医療学センター公衆衛生学部門・中村好一教授。
※「公衆衛生」2017年1月号に書評が掲載されました。評者は,自治医科大学地域医療学センター公衆衛生学部門・中村好一教授。
※「週刊東洋経済」2016年11月19日号に書評が掲載されました。評者は,BNPパリバ証券経済調査本部長・河野龍太郎氏。
※「日経ヘルスケア」2016年11月号に紹介記事が掲載されました。
※「出版ニュース」2016年11月上旬号の「Book Guide」に書評が掲載されました。
※日本経済新聞(2016年10月16日)の読書面で取り上げられました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016