HOME > 詳細 > 福祉国家の制度と組織 -- 日本的特質の形成と展開
福祉国家の制度と組織

福祉国家の制度と組織 -- 日本的特質の形成と展開

福祉国家の日本的特質に迫る力作

佐々木 伯朗 (東北大学教授)/著


2016年03月発売
A5判上製カバー付 , 218ページ
定価 4,428円(本体 4,100円)
ISBN 978-4-641-16474-1
Institutions and Organizations of a Welfare State: Evolution of Japan's Special Character

財政・公共経済学

○在庫あり

戦後日本における財政が,なぜ他の先進国と比較して特殊な性格を帯びるに至ったのかについて,制度派経済学に基づきながら検証。福祉国家という視点から見た日本財政の特殊性をもたらす原因に関して,制度に着目し,ドイツとの比較を試みつつ解明する待望作。

◆書斎の窓の「自著を語る」コーナーにて,著者が本書を紹介しています。 →記事を読む
目次
第1部 課題と方法─制度派経済学からのアプローチ
 第1章 福祉国家とは何か─課題と方法
 第2章 経済学における福祉国家
 第3章 制度派経済学的アプローチによる第三セクターの分析─社会サービス提供組織の日独比較
第2部 福祉政策における制度と組織─公民関係と中央・地方関係
 第4章 年金保険における組織構造─日独比較
 第5章 医療保険および救貧事業の制度形成─日独比較
 第6章 介護保険の成立における日本的特質
第3部 開発と福祉の財政構造─大都市および過疎地域の事例
 第7章 日本の公共投資政策の特質─高度成長期からバブル経済期まで
 第8章 大都市における社会サービスの「外部化」
 第9章 過疎地域の福祉行財政の課題─長野県自治体の事例分析
 終 章 日本的特質とその要因─本書の結論
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016