HOME > 詳細 > 公共経済学講義 -- 理論から政策へ
公共経済学講義

公共経済学講義 -- 理論から政策へ

市場と政府の基礎理論から政策課題への応用へ

須賀 晃一 (早稲田大学教授)/編


2014年06月発売
A5判並製カバー付 , 426ページ
定価 4,212円(本体 3,900円)
ISBN 978-4-641-16445-1


財政・公共経済学 > 公共経済学
基本書・体系書

○在庫あり

ミクロ経済学の基礎から,市場の失敗,政治過程,政府の失敗や情報の経済学等を懇切丁寧に解説し,現実の様々な政策課題への応用へ導く。経済理論に基づいて公共政策を考えるためのツールを提供する。問題の解答・解説や数学付録等,ウェブサポートも充実。
目次
第1部 課題:経済と政治プロセス
 第1章 公共経済学の課題(須賀晃一)
 第2章 公共選択(長峯純一)
第2部 市場と経済厚生
 第3章 市場均衡と厚生(須賀晃一)
 第4章 社会的厚生と社会的評価(蓼沼宏一)
 第5章 租 税(高松慶裕・井上智弘)
第3部 市場の失敗
 第6章 公共財(須賀晃一)
 第7章 外部性と環境問題(細田衛士)
 第8章 非対称情報と保険(岡村誠)
第4部 現実問題への応用
 第9章 年 金(小西秀樹)
 第10章 医療と介護(加藤竜太)
 第11章 地方財政と地方分権(西村幸浩)
 第12章 教 育(宮城島要)

補論
 補論1 消費者行動(須賀晃一)
 補論2 生産者行動(須賀晃一)

書評等

※『経済セミナー』2014年10・11月号の新刊書紹介に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016