HOME > 詳細 > ゲーム理論のあゆみ
同一ジャンルへ: 経済理論
ゲーム理論のあゆみ

ゲーム理論のあゆみ

碩学が語るゲーム理論の歴史

鈴木 光男 (東京工業大学名誉教授)/著


2014年04月発売
四六判並製カバー付 , 262ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-16430-7
History of Game Theory

経済理論
経済理論 > ゲーム理論
個別テーマの解説書

○在庫あり

社会科学に共通する基本的な分析ツールとなりつつあるゲーム理論。その誕生から現在までを時代背景とともに,ゲーム理論家たちの思索の跡をたどる。日本で初めて本格的にゲーム理論を研究・教育してきた著者が,自らの経験と苦悩も交え,柔らかな筆致で描き出す。
目次
第1章 古き代のゲームの理論
第2章 ゲームの理論の誕生
第3章 オーストリア学派の思想─1930年前後のウィーン
第4章 ゲームの理論の成立までのヨーロッパの情勢
第5章 ゲームの理論の成立
第6章 高まる期待─数学と社会科学の架け橋
第7章 新しい展開から批判の時代へ─1950年代
第8章 新しい可能性の探求─1960年代
第9章 発展の広がりの時期─1970年代
第10章 飛躍の時代─1980年代
第11章 新しい時代へ─1990年以後

書評等

※『経済セミナー』2014年8・9月号の新刊書紹介に掲載されました。

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016