HOME > 詳細 > 行動経済学 -- 伝統的経済学との統合による新しい経済学を目指して
同一ジャンルへ: 経済理論
行動経済学

行動経済学 -- 伝統的経済学との統合による新しい経済学を目指して

人間行動をより深く理解するために

大垣 昌夫 (慶應義塾大学教授),田中 沙織 (国際電気通信基礎技術研究所専任研究員)/著


2014年03月発売
A5判並製カバー付 , 280ページ
定価 2,592円(本体 2,400円)
ISBN 978-4-641-16426-0
Behavioral Economics: Towards a New Economics by Integration with Traditional Economics

経済理論
基本書・体系書

○在庫あり

行動経済学と伝統的経済学それぞれの有用性と限界を,最新の実験研究や神経経済学の成果から明らかにし,「人間本位の経済学」の構築をめざす。人間の非合理性に焦点を当てるだけでなく,利他性や文化・規範の役割についても考える,初めての体系的テキスト。
目次
第1部 行動経済学と神経経済学
 第1章 行動経済学とは何か?
 第2章 神経経済学とは何か?
第2部 プロスペクト理論と限定合理性
 第3章 不確実性下の経済行動
 第4章 プロスペクト理論
 第5章 限定合理性
第3部 時間割引と社会的選好
 第6章 時間を通じた行動
 第7章 学習理論と神経経済学の実験
 第8章 社会的選好
第4部 行動経済学のフロンティア
 第9章 文化とアイデンティティ
 第10章 幸福の経済学
 第11章 規範行動経済学

書評等

※『日本経済新聞』2014年6月29日付朝刊「活字の海で」に取り上げていただきました(評者は前田裕之・編集委員)。
※『週刊ダイヤモンド』2014年6月21日号「書林探索」に取り上げていただきました(評者は福田慎一・東京大学教授)。

◆書斎の窓の「書評」にて,池田新介・大阪大学教授が本書を紹介しています。 →記事を読む

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016