HOME > 詳細 > 出光興産の自己革新
同一ジャンルへ: 経営学,経営史
出光興産の自己革新

出光興産の自己革新

「2兆円クラブ」からの脱出

一橋大学日本企業研究センター研究叢書 > 一橋大学日本企業研究センター研究叢書 4

橘川 武郎 (一橋大学教授),島本 実 (一橋大学大学院商学研究科准教授),鈴木 健嗣 (神戸大学大学院経営学研究科准教授),坪山 雄樹 (新潟大学経済学部講師),平野 創 (成城大学経済学部専任講師)/著


2012年12月発売
A5判上製カバー付 , 310ページ
定価 3,564円(本体 3,300円)
ISBN 978-4-641-16401-7
The Renewal of Idemitsu Kosan

経営学
経営史
個別テーマの解説書

○在庫あり

バブル崩壊後,2兆円を超える有利子負債を抱えていた大企業,日産自動車・ダイエー・出光興産のうち,他企業・政府等から支援を受けずに自力回復を果たしたのは出光のみ。その過程で,どのような施策が,いかにして進められ,会社はどう変わっていったのか。
目次
第1章 有利子負債2兆5000億円からの復活
第2章 改革の財務的成果
第3章 出光の経営理念
第4章 自己革新の組織プロセス
第5章 出光石油化学の統合と企業連携─石油化学事業の再建
第6章 本業のリストラクチャリング─燃料油事業の環境適応
第7章 高機能材のイノベーション─電子材料・機能材料・アグリバイオの研究開発
第8章 グローバル企業への道─潤滑油事業・資源事業とグループの国際化
第9章 守り続ける文化の灯火─出光の文化事業と経営改革
第10章 自己革新のダイナミズム─本書の結論
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016