HOME > 詳細 > 開発生産性のディレンマ -- デジタル化時代のイノベーション・パターン
開発生産性のディレンマ

開発生産性のディレンマ -- デジタル化時代のイノベーション・パターン

革新的なイノベーションを生み出すために

生稲 史彦 (筑波大学准教授)/著


2012年02月発売
A5判上製カバー付 , 378ページ
定価 4,752円(本体 4,400円)
ISBN 978-4-641-16387-4
Development productivity dilemma

経営学
イノベーション論
個別テーマの解説書

○在庫あり

ソフト産業にも製品のイノベーション・パターンがあるのか? 革新的イノベーションが滞るのはなぜか? 効率的に新製品を作ろうとする活動が真に新しい製品を生み出し難くするというパラドキシカルな現象を明らかにし,ゲームソフト産業のイノベーションの姿を浮き彫りにする。
目次
序 章 知識が価値を生む時代に--本書の狙いと構成
第1章 研究の立脚点--これまでの知見
第2章 イノベーション研究の方法--定義,分類,分析枠組み
第3章 ゲームソフト産業の変遷--産業の変化の定性的把握
第4章 ゲームソフト産業で生じた変化--産業の変化の定量的把握
第5章 ゲームソフト産業のイノベーション・パターン--イノベーション・パターンの特定と要因の解釈
第6章 継承期の企業行動の検証--製品戦略,製品戦略組織とパフォーマンス
第7章 開発生産性のディレンマ--企業行動,産業,イノベーション・パターンに及ぼす影響
終 章 結び--ゲームソフト産業の事例が示唆すること
補論1 ゲームソフト産業で活動する企業の姿/補論2 ゲームソフト企業に対するアンケート調査結果
付録1 アンケート調査単純集計結果/付録2 アンケート質問票
参考文献

受賞

2013年度(第29回)組織学会高宮賞・著書部門

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016