HOME > 詳細 > 地方消費税の経済学
地方消費税の経済学

地方消費税の経済学

地方財源の充実に向けた最重要課題に応える

持田 信樹 (東京大学教授),堀場 勇夫 (青山学院大学教授),望月 正光 (関東学院大学教授)/著


2010年12月発売
A5判並製カバー付 , 262ページ
定価 3,780円(本体 3,500円)
ISBN 978-4-641-16371-3
The Economics of Subnational Value Added Tax

財政・公共経済学 > 地方財政

○在庫あり

地域的偏在が少ない安定的な財源として,関心が高まっている地方消費税について,基本的な知識,論点,現行制度の問題点を綿密に解説し,今後のあるべき制度を設計する。先行する海外の実態調査も踏まえて,実証的で精緻な議論を展開。地方自治体職員の必読書。
目次
第1章 地方消費税への視角
  1 はじめに
  2 地方分権の歩み
  3 地方消費税の意義
  4 地方消費税の仕組み
  5 地方消費税をめぐる論点
第2章 地方付加価値税の理論
第3章 EUにおける境界統制の廃止
第4章 連邦制国家の地方付加価値税
第5章 地方消費税とマクロ税収配分方式
第6章 マクロ税収配分方式と産業連関表
第7章 カナダの協調売上税とマクロ税収配分方式
第8章 地方消費税のマクロ税収配分:産業連関表によるシミュレーション
第9章 総括と展望
  1 はじめに
  2 理論的パースペクティブ
  3 改革の方向性

受賞

第20回(2011)租税資料館賞(著書の部)

Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016