HOME > 詳細 > 現代の経営理論
同一ジャンルへ: 経営学
現代の経営理論

現代の経営理論

「社会科学としての経営学」の現在

伊藤 秀史 (一橋大学教授),沼上 幹 (一橋大学教授),田中 一弘 (一橋大学准教授),軽部 大 (一橋大学准教授)/編


2008年11月発売
A5判上製カバー付 , 318ページ
定価 3,456円(本体 3,200円)
ISBN 978-4-641-16324-9


経営学
個別テーマの解説書

○在庫あり

日本企業の実態から導かれた経営理論は,どのように構築,継承されたのか。それらの理論は,目下の現実にいかに適応可能で,どのような分析能力を有しているか。第一線の執筆者が,日本発の経営理論の意義と可能性を示す,注目の書。
目次
序 章 多様な経営戦略論=沼上 幹
第1部 企業研究へのアプローチ
 第1章 日本企業の実証分析とリソース・ベースト・ビュー──「見えざる資産のダイナミクス」を中心とした展望=沼上 幹
 第2章 市場と組織──原理の相互浸透と企業の境界=伊藤秀史
第2部 日本企業のダイナミズム
 第3章 日本企業の環境適応力とオーバー・エクステンション戦略=軽部 大
 第4章 多角化企業の戦略と資源──見えざる資産の蓄積と利用のダイナミクス=藤原雅俊
 第5章 多国籍企業の組織能力とマネジメント──グローバル戦略と経営革新の組織的条件=天野倫文
 第6章 見えざる資産の会計学──研究開発効率の視点から=中野 誠
第3部 経営者の機能
 第7章 企業は誰のものか──経営,支配,統治の3側面=田中一弘
Copyright©YUHIKAKU PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved. 2016